クリングス・バッド

~ クリングス形状 ~ 微調整がし易いグーズネックタイプ

金属フレームの多くに付いている、右図の部品をクリングスと呼びます。また クリングスの針金状の部分をクリングス足、先端の鼻パッドを固定する部分をパッド箱などと呼びます。クリングス足の形状はメガネを掛ける人の顔に合わせて、高さや巾を調整しやすくするために様々な形状が工夫がされていますが 当社のチタノス/エミネンス/プレジデントには調整のし易いグーズネックタイプ(ガチョウの首に似ているため こう呼ばれます)を採用しています。また、パッド箱は鼻パッドを固定するためのもので、大きく分けるとネジ式とクリップ式の2種類に分かれますが、当社ではネジの脱落がない、クリップインタイプを採用しています。

~ αチタン製クリングス脚 ~ 2倍の強度で折れにくい

数あるメガネ部品の中で、一番壊れやすいのがクリングスです。
クリングスは調整による変形や、装用時の振動/衝撃等によりいつも壊れる危機にさらされています。
また、人体から出る汗や油が付着しやすい部分でもあり、錆に対して強い耐久性が要求されます。
当社では、これらの苛酷な環境に長期間耐えられるようαチタン合金製のクリングス足を採用しています。
αチタン製クリングス足は、汗で錆びることはありませんし、通常のチタンの約2倍の強度を誇る当社オリジナル部品です。

~ 圧力分散パッド ~ 掛け心地抜群! ズレ、押痕を解消

パッドはめがねの部品の中でも、先セルとともに常に肌に接しており、汗やホコリなどで傷みやすい過酷な環境におかれています。また、もっとも大切なフレームを鼻で支えるための機能や肌への心地良さ、アレルギーの起こりにくさなどなど、現在も進化し続けている部品なのです。
そこで登場したのが圧力分散パッド(特許出願中)です。


ポイント1.安定感ある掛け心地!
・ 従来パッドにくらべ、接肌面積
30%アップ!
  ・ 全長が20%ほど短く、鼻の短い
日本人に最適!

ポイント2.鼻に跡が残りにくい圧力分散形状!
・ 鼻に平行して当たるため、鼻へ
均一に当たります。



ポイント3.ズリ落ちしにくいフラット底形状!
・ 接肌面積が広いことと相まって摩擦力がアップしズリ落ちしにくい!
・ 肌への圧力が均一に分散し、肌に凹みがつきにくい!



ポイント4.ソフトな肌触りで変色しにくいエチレンポリマー素材!
・ やわらかで、汚れもつきにくい!
  ・ 透明度が高く目立たず気にならない!
・ 変色しにくく透明感が長期間保時!
・ 汗をかいてもズリ落ちしにくい!