リム

~ 325チタン合金リム ~ リム線に最適なチタン合金

325チタン合金は成分が3%アルミニウム、2.5%バナジウム、残りがチタンのアルファベータチタン合金です。純チタンに比して約1.5倍強の強さと、チタン特有の軽さ、錆び難さ、アレルギーの少なさが特徴です。

当社は1982年、世界に先駆けてチタンフレームの開発に成功した歴史を持っています。
この20年以上にわたるチタンフレームとの関わりの中で、よりフレームのリム素材として最適なチタンは何かというテーマを追いかけて、たどり着いたひとつの回答が325チタン合金なのです。
リムは強すぎても弱すぎてもフレームとしての完成度は低くなります。
リムの太さや形状によってベストなリム材質は多少変わりますが、当社のチタノス/エミネンス/プレジデントの通常タイプのリムは全て325チタン合金で作られています。

~ オリジナル325チタン合金リム ~ 弊社オリジナル325チタン合金リムのご紹介

弊社が独自に採用している325チタンリムには、通常形状の他に2段リムとテーパーリムがあります。テーパーリムとはリム側面がカット面のようにえ、高級感があるリム線でプレジデントシリーズに多く採用しております。 (下記図参照 ・ テーパー → くさび形)

#

2段リムとは耐変形性に優れた太く強いリム線ですが、断面形状が2段になっており、見た目には太いリムには見えないスッキリしたリム線です。